女の人

料理人になるには調理の専門学校が一番の近道

寿司職人になるための学校

寿司

寿司について学ぶことができる調理の学校が増えてきています。学校によって授業内容は違うでしょう。ですが、どの学校でも似たような内容を教えます。どの学校でも最初に基本的なことを勉強します。料理人として社会人としての心構えから教えてもらえます。次に包丁の研ぎ方や握り方の実習をします。それを何回も繰り返していくことが大事です。そして魚について勉強していきます。天然と養殖の違いや冷凍と生の違いを比較します。その次に捌き方と味の違いを学びます。このような基本的なことが終わったら次は応用です。今度は魚の選び方や目利きをします。市場での仕入れ方や流通の仕組みを学ぶことは大事なことです。そして最後に実践に入ります。漁港に行ってせりの様子を見学します。そこで買った魚を使って実習を行います。それ以外には高級寿司店で経営や立ち上げ方についてのノウハウを教えてもらえます。詳しい授業内容はそれぞれの学校のサイトを見てみましょう。授業内容や講師の紹介も載っています。講師の人はほとんどが一流の職人ばかりです。実際に寿司屋で働きながら学ぶことができます。お客様に接客することは必要な経験です。これなら実践的なことを学ぶだけでなく、学費を稼ぐことができます。一石二鳥なシステムを取り入れた学校はいくつもあります。こういった取り組みを行う学校もありますので、興味がある人は資料やサイトを見てみましょう。将来寿司職人になりたい人はこういった学校に入学してみてはどうでしょうか。